コンタクトレンズの種類について

コンタクトレンズについて説明したいと思います。コンタクトレンズには2種類があります。それはハードレンズとソフトレンズのものです。ハードレンズなのですが、これは昔の漫画などでよく見かける踏んだら割れるというシチュエーションのものです。ガラスやプラスチックなどの素材でできています。費用はトータルでは安いのですが、水洗いやレンズのキズへの注意などといった面で手間が掛かるコンタクトレンズとされています。

最近使用者が増えてきているのがソフトレンズです。薄く柔らかい素材でできているので、眼球にフィットしやすくハードレンズのような目から落ちる事故が少なくなります。専用の煮沸機を使う事で1年程度の寿命があるのですが、最近では目の健康を考え、使い捨てタイプのものが流行しています。使用して数日で捨てることで、コンタクトレンズの隙間に溜まる雑菌が繁殖する前に眼球の病気から身を守ることが可能になっています。

価格ですが、ハードレンズは一回の購入費が高いものの、管理器具がほぼ必要ないのでトータル的にみると安くなりやすいです。ソフトレンズはたびたび細かく費用が必要になるのですが、雑菌から目を守りやすかったり、視力が変化するたびに度数を変えやすいといった目の健康に凄く優しいという大きなメリットがあります。